Audi A6 にエアロや車高調 そしてコーディング

アウディ A6 3.0T (4G0) を買ったばかりのお客様?友人?より
トータルコーディネートのご依頼をいただきました。

やっぱり、コーディネートはこーでねーと。

アウディ ABT エンブレム サイドスカート  フロントリップ 車高調 バックスタイル イノテック ipe ARMYTRIX マフラー

メニューとしては
ABTのフロントリップとサイドスカート
オススメの車高調
走行中にTVが見れる、いわゆる「照れキャン」…別に照れてませんが。
そして、定番のデイライト

盛りだくさんの内容と感じますが、一つ一つやっていくと、
せっかく購入した愛車になかなか乗れなくなります。

なので、流行りのワンストップ。
ウチに言っていただければ、何でもしまっせー とベタベタな大阪弁で。

ABTで精悍になりました。
Scherzen by Extend の車高調で気持ち落として上品に。
今後、ホイールを変えたりする可能性もあるので
「全長調整式フルタップな車高調」はベストチョイスと思われます。

アウディ A6 エアロ ABT フロント リップ スポイラー サイドスカート 車高調 シャーゼン デイライト コーディング

そして、コーディング。
最近のAudi様はMMIというシステムを採用しており
「走行中にテレビが映るぞコーディング」も安易ではなかったりします。
でも、難なくクリアー。

アウディ A6 3.0T コーディング デイライト 走行中 テレビ キャンセラー

そして、定番というと怒られますがデイライト。
もちろん、メニューよりON/OFFは選択できます。
点けっぱなしだと「あいつ、ライト消し忘れてるで」と陰口言われますので…

完成してみて。

アウディ A6 エアロ ABT フロント リップ スポイラー 車高調 シャーゼン

アウディ カッコええやん!

[PR] 車やバイクの突然のバッテリー上がりに携帯電話やスマートフォン・タブレット端末などの充電に強い味方のモバイルバッテリー チャージアンドスターター「チャースタ